基礎代謝情報:ダイエットいろはにほへと



基礎代謝の計算の仕方ご存知ですか?

基礎代謝の計算をやってみる前に、まず基礎代謝とはどんなものかみていきましょう。
一言で言うと、全く動かなくても身体が必要とするエネルギーを基礎代謝と呼びます。

人間は、何もしないでじっとしてていてもさまざまな活動をしています。
例えば、息をしているし、体の中の機能は、ずっと働いているのです。

もしこの体の機能が動いていないとしたらあなたは死んでしまいます。
つまり、基礎代謝とは、呼吸、体温調節、循環器や消化器などを動かすことなのです。
このように、人間が生きていくのに最低限必要な機能を維持するためのエネルギーを指します。

これは、成人男性で1日1200〜1500kcal程度といわれています。
また成人女性で1000kcal〜1200kcalです。

これが一般的な基礎代謝のエネルギー量です。

では次に基礎代謝の計算をみています。
基礎代謝の計算式として、18才以上を対象にしたものがあります。
それがハリス・ベネディクト方程式です。

この計算方法は、欧米で主に用いられています。
日本人と欧米人では、体型に違いがあります。

ですので、基礎代謝は多少数値が、高く出る可能性があります。

ではその計算方法ですが、次のようなものです。
男性の場合は、66.47+(13.75×体重)+(5.0×身長)−(6.76×年齢)です。
女性の場合は、665.1+(9.56×体重)+(1.85×身長)−(4.68×年齢)だそうです。

このようしてみてみると、基礎代謝の計算はちょっと面倒ですね。
しかし、この頃では、WEB上で数値を入力すれば、計算してくれるサイトもあるようです。

ですが、実際に電卓をたたいて、自分で計算してみてもよいでしょう。
とくに、ダイエットするにあたって、基礎代謝の計算が必要なら、自分での計算するほうがより実感が湧くのでおすすめです。


posted by ダイエット at 16:08 | 基礎代謝情報

基礎代謝の平均ってどれくらい?

基礎代謝量とは、人間が何もしない時、ただ、生命維持に必要なエネルギーのことを指します。
基礎代謝量は、<基礎代謝基準値>×<体重>で知ることが可能です。

厚生労働省の日本人の食事摂取基準の表では、1歳から70歳以上の各年齢の、男性、女性の平均的な体重が表示されています。
ですので、それを参考に計算可能です。

低年齢のときには、基礎代謝量は男性・女性ともに、700〜1000キロカロリーです。
そして、15〜17歳へむけて、基礎代謝量は増加傾向にあります。

成人男性の平均は、1,500kcalです。
成人女性の平均が1,200kcalです。

これが一般的な基礎代謝量です。

しかし、それらの数字は、平均です。
ですから、最も大切なことは、自分の基礎代謝量がわかることです。

基礎代謝量を計ることができる体脂肪計が、複数のメーカーから売られています。
このような便利な道具をうまく活用しまいょう。

それにより、自分の基礎代謝量は、平均よりも多いのか、少ないのかきちんとわかることができるのです。

また、基礎代謝量のことで知っておいて欲しいことがあります。
それは、年齢が上がっても、基礎代謝を上げていくことはできるということです。

基礎代謝が使われる部位は、筋肉が最も多いです。
その割合は38%です。

次に肝臓が12.4%です。
その次が胃腸7.6です。

基礎代謝の使われる部位はこのような順番です。

内臓の運動量を増やすことは無理です。
しかし、筋肉量を増やすことは可能です。
これにより、基礎代謝全体の量を増やせます。

そして、消費エネルギーの量を上げることができるのです。

つまり、燃焼しやすい体を作るのです。
基礎代謝量の平均を先ず知りましょう。

そことから、あなた自身の管理に繋がります。
posted by ダイエット at 22:25 | 基礎代謝情報

基礎代謝の基準値ってわかりますか?

基礎代謝基準値というのは、体重1kgあたりの基礎代謝量(kcal)の値のことを指します。
この基礎代謝基準値は男性、女性、年齢別に決まっているようてず。

たとえば、男性の場合をみてみましょう。、
年齢1歳〜2歳は、61.0。
3歳〜5歳は、54.8。
6歳〜8歳は、44.3。
9〜11歳は37.4.
12〜14歳は、31.0。

そして、15歳〜17歳では27.0。
18〜29歳は24.0。
30〜49歳は22.3。

50歳以上については、21.5です。

このように基礎代謝基準値は決まっています。

女性の場合も同じです。
年齢1歳〜2歳は59.7。
3歳〜5歳は52.2。。
6歳〜8歳は、41.9。

9〜11歳は34.8。
12〜14歳は、29.6。

15歳〜17歳では、25.3。
18歳〜29歳は23.6。

30歳〜49歳は、21.7。

50歳以上については20.7。
これが女性の基礎代謝基準値です。

例をあげてみましょう。
40歳で50キロの体重の男性ならば、基礎代謝量は、<体重×基準値>です。
ですから、「50×22.3=1115」が基礎代謝基準値です。

これが、40歳で50キロの体重の女性ならば、「50×21.7=1085」が基礎代謝基準値になります。
このように基礎代謝基準値をみてきますと、年齢と性別によって違うことがわかると思います。

そして、男女とも基礎代謝量というのは、10代をピークに、年齢とともに少しずつ減ります。
そして、40代を過ぎると急激に低下傾向にあります。

また、基準値の年齢の幅が広いです。
ですので、計算できるというものの、かなり大ざっぱな数値といえるでしょう。

しかし、標準摂取カロリーというものを考えるときには、この基礎代謝基準値は、どうしても必要なのです。
また、ダイエットで、カロリーコントロールを必要とするときにも役に立ちます。

基準となる数値から、計算した摂取量を目安にすればよいのです。
posted by ダイエット at 22:39 | 基礎代謝情報

基礎代謝と年齢・身長との関係説明

基礎代謝は、人が生きて行くために必要な最低限のエネルギーのことのことを指すのです。
人間はどのようなときにでも、心臓はもちろん、体温を維持するためなどに筋肉や臓器が活動しています。

ですので、エネルギーを消費します。
このエネルギー量が「基礎代謝量」なのです。

1日の「総消費エネルギー量」のうち、基礎代謝量は約70%を占めるそうです。

この基礎代謝量は、生後成長するにつれて高くなります。
そして、18歳から20歳前後にピークをむかえます。

その後は徐々に基礎代謝量は減っていきます。
この基礎代謝量は若い人のほうが高いてず。
また、女性より男性のほうが高い傾向がみられます。

女性は男性より基礎代謝が低い傾向にあります。
これは何故かというと女性は妊娠・出産という大切な役目があります。
そのため、男性よりも多くの体脂肪を蓄えています。

それにより、筋肉量が男性より少ないのです。
このことが男性より基礎代謝が低い原因です。

また、基礎代謝量には個人差があります。
ですが大体40歳を過ぎると急激な下降する傾向があるようです。

これは、年を重ねることによって筋肉が衰えて減少してしまうことが原因のようです。
つまり、年齢により、基礎代謝量は変わるのです。

では、基礎代謝は身長や体重といった体格にも関係するのかというと疑問が出てくると思います。
その答えは、体の大きさではありません。

基礎代謝は、筋肉量が影響します。
同じ体重だとか、身長が同じくらいでも基礎代謝には違いがでてきます。
それは筋肉の量が多い人は基礎代謝が高いからです。

基礎代謝が高い人はどんどんエネルギーが消費されます。
そして、脂肪が蓄積しにくい傾向にあります。

逆に基礎代謝が低い人は、エネルギーを消費できません。
そして、余ったエネルギーが脂肪として体内にストックされるという悪循環におちいるのです。
posted by ダイエット at 16:20 | 基礎代謝情報

基礎代謝を上げるにはどうしたらいいの?

基礎代謝を上げるにはどうしたらいいと思いますか?
それにはまず、筋肉量に注目する必要があります。

なぜなら、基礎代謝は筋肉量に比例します。

ふだんから気をつけていても、筋肉量というのは、なかなか維持できません。
まして、環境の変化、食生活の変化で、気にはしていても運動不足・偏った食事になってしまうのです。

あなたにも心当たりがあることでしょう。
そのような理由から、筋肉量が少なくなれば、必然的に基礎代謝も低下してしまいます。

逆に、定期的に運動を続けていれば、筋肉量を持続することが可能です。
さらに、筋肉トレーニングなどをすることで筋肉を増やすことは可能なのです。

基礎代謝を増やすには筋肉を増やすトレーニング(筋肉トレーニング)を行う必要があるのです。
しかし一口にトレーニングといっても、いろいろなものがありますよね。

自分に合うトレーニングで、筋肉量を増やせれば、基礎代謝も上がります。

ですから筋肉トレーニングはぜひ続けてほしいです。
この基礎代謝は18歳〜20歳前後がピークです。
そして、特に運動などしないと、加齢とともに減っていきます。

このことは避けられないものです。

歳をとり、中年になってきたのに、若いときのままの食生活ではいけません。

このようなことを続けていれば体のために良くないのは明白です。
また、忙しい日々で、運動は難しいものです。

しかし、自分の状況を、正しく把握することが大切です。
今までに体重計に加えて、体脂肪に内臓脂肪など、体をスキャンできる商品も売れられいます。

食事はバランスのよいものにしましょう。
そして、トレーニングと共に、活用して、基礎代謝をあげる生活を目指しましょう。
posted by ダイエット at 16:19 | 基礎代謝情報

基礎代謝とカロリーの関係とは?

基礎代謝量は何しない状態で、呼吸・血液循環・体温維持などの生命維持に必要な活動に使われるカロリー の合計のことです。
人間の最低限必要なカロリーは、1日平均約1200カロリーだそうです。

しかし日常生活ではこれよりも多くのカロリーが消費されます。
実際のカロリー消費量は日常生活での活動量(生活活動強度)で変化します。

ですが年齢とともに基礎代謝量は減少傾向にあります。
これが一般的です。

ですから、若いときと同じようにカロリー摂取してはけません。
そのようなことをしていると、燃焼できずに太ってしまいます。

こうならないためにも対策をとらなければいけません。
つまり、年齢とともに取るエネルギーを減らすとか、運動をして消費エネルギーを増やすなどの努力する必要性があるのです。

こうしてみると、消費カロリーをふやして、摂取カロリーをぐんと減らせばよいのだと、単純な公式が思いつくと思います。

ところが、人間の体はよく出来たものです。
食事で摂るカロリーを減らすと、今までと同じようにエネルギーを使わずに済むのだと、判断します。

その結果、痩せにくい体質になってしまいます。

それよりは、三度の食事の摂取カロリーには気をつけましょう。
そして、1日の摂取カロリーは「基礎代謝量」を下回らない様にするようにしましょう。

これが大切です。
とくに、ダイエットに挑戦しているときなどは、綿密に食事のとりかたを計算する必要があるのです。

インターネット上では、基礎代謝やカロリー計算について、数字を入力してみれば、判ってくるというサイトが存在します。
便利な世の中になったものです。

このようなもを積極的に利用してください。
そうするとあらためて、今まで知らなかったことがわかることと思います。

是非活用することをおすすめします。
posted by ダイエット at 18:10 | 基礎代謝情報

ダイエットと基礎代謝は密接な関係なの?

ダイエットでは、基礎代謝量の多い体質に改善しなければいけません。
人間の一日の消費エネルギーのうちなんと約7割が基礎代謝だそうですよ。

このようなことを知ると基礎代謝を増やす筋トレなどが必要だということがわかると思います。

それに運動に減量効果があるのはあなたもよくご存知でしょう。
しかし、運動によって消費されるエネルギーは、普段の軽いトレーニング程度では、それほど多くは期待できません。

ですが大切なことは、運動を持続的に行うです。
これにより、筋肉が鍛えられるということが重要なのです。

ダイエットに重要な基礎代謝は、その人のもつ筋肉の量で大きく差がでます。

普通、運動したから痩せたのだと、捉えています。
私もそう思っていました。

ですが、運動は、筋肉を増やすためのものなのです。
運動により基礎代謝が高まります。

そして基礎代謝が高まることで、運動をしていない時でも消費エネルギーの量が増える体質に変えることができるのです。
このような状態を、「太りにくい体」といえるでしょう。

こうして、考えてくると、ダイエットは、とても科学的な方向から、アプローチする必要があるのです。
もちろん、ダイエットでは、筋肉を付ける事のみではいけません。

ボディービルダーになるわけではないので当然ですね。

体に必要な栄養をまんべんなく摂ることも大事です。

急に食事の量を減らしてしまうと、体は防御してしまい、基礎代謝も減少してしまいます。
バランスのとれたダイエット方法のためには、参考にする書籍や、WEB上での、情報をうまく利用すると良いでしょう。

リバウンドすることの無いダイエット成功へと繋げたいものです。
posted by ダイエット at 22:22 | Comment(4) | 基礎代謝情報

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。