基礎代謝と年齢・身長との関係説明:ダイエットいろはにほへと



基礎代謝と年齢・身長との関係説明

基礎代謝は、人が生きて行くために必要な最低限のエネルギーのことのことを指すのです。
人間はどのようなときにでも、心臓はもちろん、体温を維持するためなどに筋肉や臓器が活動しています。

ですので、エネルギーを消費します。
このエネルギー量が「基礎代謝量」なのです。

1日の「総消費エネルギー量」のうち、基礎代謝量は約70%を占めるそうです。

この基礎代謝量は、生後成長するにつれて高くなります。
そして、18歳から20歳前後にピークをむかえます。

その後は徐々に基礎代謝量は減っていきます。
この基礎代謝量は若い人のほうが高いてず。
また、女性より男性のほうが高い傾向がみられます。

女性は男性より基礎代謝が低い傾向にあります。
これは何故かというと女性は妊娠・出産という大切な役目があります。
そのため、男性よりも多くの体脂肪を蓄えています。

それにより、筋肉量が男性より少ないのです。
このことが男性より基礎代謝が低い原因です。

また、基礎代謝量には個人差があります。
ですが大体40歳を過ぎると急激な下降する傾向があるようです。

これは、年を重ねることによって筋肉が衰えて減少してしまうことが原因のようです。
つまり、年齢により、基礎代謝量は変わるのです。

では、基礎代謝は身長や体重といった体格にも関係するのかというと疑問が出てくると思います。
その答えは、体の大きさではありません。

基礎代謝は、筋肉量が影響します。
同じ体重だとか、身長が同じくらいでも基礎代謝には違いがでてきます。
それは筋肉の量が多い人は基礎代謝が高いからです。

基礎代謝が高い人はどんどんエネルギーが消費されます。
そして、脂肪が蓄積しにくい傾向にあります。

逆に基礎代謝が低い人は、エネルギーを消費できません。
そして、余ったエネルギーが脂肪として体内にストックされるという悪循環におちいるのです。
posted by ダイエット at 16:20 | 基礎代謝情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。